歌志内市【No.004】北海道179市町村巡り・春

2017年4月25日(火)

今回訪れた街は、「歌志内市」。かつては、4万人以上の人々が住み、炭鉱で栄えた市でしたが、エネルギー源が石炭から石油に移り、炭鉱は閉山。現在は人口3,489人(2017年3月現在)、全国で最も人口の少い市です。

1984年(昭和59年)頃に放送された倉本聰氏の脚本による日本テレビ系ドラマ「昨日、悲別(かなしべつ)で」に登場した「悲別ロマン座」は、今はもう悲しい姿に。。。

悲別ロマン座
悲別ロマン座

歌志内市には、農家も農協もなく、壊れそうな古い住宅と新しい住宅が入り混り、なんとなく寂しい空気に包まれた街。。。

道の駅うたしないチロルの湯
道の駅うたしないチロルの湯

「道の駅うたしないチロルの湯」の売店には、地元のお母さんたちが昔ながらの製法で漬けた漬物が人気!

30種類以上が用意され、試食もできるので嬉しい、美味しい!

道の駅うたしないチロルの湯の売店
道の駅うたしないチロルの湯の売店
お母さんの漬物
お母さんの漬物

レストランが併設されていて、メニューの中でも、地元名物が「なんこ定食」「なんこ丼」など。なんことは、馬の腸を味噌でじっくり煮込んだもの。

柔らかくて味わい深い鍋で、3種類のお漬物、切り干し大根、味噌汁とご飯がセットになっています。

素朴で温かくて、ほっとする味わいでした。

駅内レストラン
駅内レストラン
なんこ定食
なんこ定食

そして名物となっているのが、かもい岳スキー場(西ゲレンデ)にある樹齢400年以上と言われるカツラの巨木「代継ぎの桂」。

カツラだけでなく、ナナカマドなど数種類の別の樹木が合わさって太くなったと考えられているようです。(高さ 27m、幹周9.1m、 直径 2.9m)

スキーシーズンには、スキーヤーの皆さんを見守り続けている山の神様のような存在の御神木なのかもしれません。

代継ぎの桂
代継ぎの桂
かもい岳スキー場
かもい岳スキー場

 昨日悲別で
 少年が生まれ
 今日悲別で
 少女と出逢った
 明日悲別に
 小さな灯がともる
 「昨日 悲別で」  倉本聰

この倉本聰さんの言葉のように、
悲哀の流れの中に、ぽ〜っと小さな灯がともるような街なのでしょうか。。。

倉本聰「昨日 悲別で」
倉本聰「昨日 悲別で」

☆ noboru & ikuko

歌志内市(うたしないし)

栗山町歌志内市役所
北海道歌志内市字本町5番地
Tel:0125-42-3211(代)
【面積】55.95 km2
【人口】13,489人人(2017.3.31)
【高齢化率】46.3%(2016.1.1
      
【ホームページ】歌志内市

栗山町【No.003】北海道179市町村巡り・春

2017年4月12日(水)

今回の北海道巡りは「栗山町」。
栗山町といえば、「栗山監督」、「くりやまコロッケ」、「きびだんご」などなど思い浮かんでくる町。。。

栗山町
栗山町

毎年春に開催される「くりやま老舗まつり2017」を目指して、栗山町へ。

栗山町には、「道の駅」がないので、今回は、車中泊ではなく、地元のホテル「パラダイスヒルズ」に宿泊(キャッンプ場は、4月29日からのオープンでした)。

ホテルパラダイスヒルズ
ホテルパラダイスヒルズ

夕食は、地元のソールフーズ「ホルモン鍋」を「食事処 名取屋」にて。

ホルモン鍋
ホルモン鍋

翌朝、まつり開始時間が午前10時からとなっていますが、駐車場確保のため、8時半頃には栗山駅の駐車場へ到着。

まつり会場までは、JR栗山駅より約1.3km。台風のように強風が吹き荒れる中、15分ほど歩いて会場へ。

くりやま老舗まつり案内図
くりやま老舗まつり案内図

9時前にもかかわらず、会場は大勢の人々で賑わっていました。

一周りして美味しいものを堪能。10時前には会場を出て、栗山町のドライブに出発。

きびだんごまつり会場
きびだんごまつり会場
大吟醸粕の甘酒
大吟醸粕の甘酒

「栗の樹ファーム」「開拓記念館」「栗山ダム」等をぐるりを周って町探訪。

「栗の樹ファーム」(栗山英樹監督が作った少年野球場)
「栗の樹ファーム」(栗山英樹監督が作った少年野球場)
開拓記念館
開拓記念館
栗山ダム
栗山ダム

栗山町が約30年の歴史を刻む「くりやま老舗まつり」は、北海道の海の幸山の幸が集合するお祭りで、北海道の美味しさと人々のみなぎる活気は刺激的!

開拓記念館はとても立派で、開拓記の資料や展示物も多く、ビデオ映像「気球散歩」など栗山町の全体を分かり易く把握することができました。

栗山町は、人口約12,000人、農業を中心とした自然豊な町。広々とゆったりとした空気が広がる、落ち着いた町です。

途中、不思議な空模様に出会いました。

不思議な空模様
不思議な空模様

異次元の世界へ。。。

異空間世界へ飛行。。。
異空間世界へ飛行。。。

写真はこちら >> ・栗山町の景色(16枚)

関連記事

栗山ダム・栗山ダムパークゴルフコース(栗山町)(2017年4月18日)
栗山町開拓記念館・泉記念館(栗山町)(2017年4月17日)
栗の樹ファーム(栗山町)は栗山英樹監督が作った少年野球場と野球グッズの展示ログハウス鼓(2017年4月14日)
くりやま老舗まつり2017(栗山町)で道産の幸に舌鼓(2017年4月13日)
くりやま老舗まつり 2014(栗山町)(2014年4月17日)

老舗まつりホームページ

☆ noboru & ikuko

栗山町(くりやまちょう)

栗山町栗山町役場
北海道夕張郡栗山町松風3丁目252番地
Tel:(0123)72-1111
【面積】203.84 km2
【人口】12,351人(2016.10.1)
【高齢化率】36.8%(2016.1.1
      
【ホームページ】栗山町

音威子府村【No.002】軽車中泊で北海道巡り・春

2017年3月29日(水)

軽車中泊で北海道巡り【No.002】は、「道の駅おといねっぷ」(音威子府村)。

計画では、「道の駅わっかない」にて車中泊予定でしたが、時間に余裕ができたので、翌日の移動距離を少なくするため急遽変更。南下して「道の駅おといねっぷ」での車中泊となりました。

当日は、朝6時に北竜町を出発。留萌市から、日本海の海岸線のオロロンラインを北上し稚内市へ。

オロロンラインドライブ
オロロンラインドライブ

撮影で停車しながら約210kmをドライブ。11時半頃、日本最北端の道の駅「道の駅わっかない」に到着。ランチは、駅内の「食事処ふじ田」にて。

お食事処ふじ田(道の駅わっかない)
お食事処ふじ田(道の駅わっかない)

その後、稚内市旧瀬戸邸(旧瀬戸家住宅主屋)を見学。

旧瀬戸邸
旧瀬戸邸

そして、宗谷公園内の津軽藩兵詰合の記念碑拝見にいったのですが、記念碑は雪に埋もれていました。

津軽藩兵詰合の記念
津軽藩兵詰合の記念

さらに、最北端の宗谷岬へ。

宗谷岬
宗谷岬

そこから南下して、猿払村、中頓別町を通って、音威子府村「道の駅おといねっぷ」へ。宗谷岬から120km、約2時間のドライブです。

その日の温泉は同町内の「天塩川温泉」。

天塩川温泉
天塩川温泉

音威子府住民保養センターである天塩川温泉内のレストランにて夕食。天塩川温泉源泉水使用の「源泉蕎麦」をいただきました。
天塩川温泉から北へ9.4km、車中泊先である「道の駅おといねっぷ」へ。

夜の最低気温は、マイナス7℃程。足元が少し冷えるくらいで、それほどの寒さを感じることなく睡眠できました。

「道の駅おといねっぷ」にて車中泊
「道の駅おといねっぷ」にて車中泊(就寝中はエンジンストップ)

今回車中泊では、オロロンラインを通り、道北をぐるりとまわるドライブ。

次回からは、一つの町をじっくりと巡るという目的を定めて、まるごと1日かけて町の魅力探しをしてみたいと思います。

川面に輝く朝の光
川面に輝く朝の光
2日間のドライブ 約540km
2日間のドライブ 約540km

写真はこちら >>   ・オロロンライン(57枚)   ・道の駅わっかない(38枚)   ・キタキツネ@旧瀬戸邸(7枚)   ・旧瀬戸邸(79枚)   ・津軽藩兵詰合の記念碑(5枚)   ・宗谷岬(17枚)   ・天塩川温泉(11枚)   ・道の駅おといねっぷ(11枚)  

関連記事

旧瀬戸邸(稚内市)で霧笛を鳴らす(2017年4月5日)
雪に埋もれる津軽藩兵詰合の記念碑(稚内市)(2017年4月4日)
日本最北端の地・宗谷岬(稚内市)(2017年3月31日)
道の駅わっかない(稚内市)で「ポテラーナワッカナイ」を味わう(2017年3月30日)
オロロンラインドライブ(道北)(2017年3月28日)

☆ noboru & ikuko