須藤ご夫妻宅に訪問(弟子屈町美留和)

2016年7月4日(月)

先日、足寄町での「畑でレストラン」に参加した翌日、足寄町から北東へ約100km、弟子屈町美留和(てしかがちょうびるわ)の須藤直武&まきご夫妻を訪問しました。

須藤ご夫妻は、北海道新聞の大先輩公認ブロガーです。私達が道新から委嘱を受け公認ブロガーとなったのが2013年、須藤ご夫妻は、2006年に委嘱されていらっしゃるベテランブロガーです。

私達が道新ブログをスタートし始めたころ、「道東へいらっしゃるときはご連絡くださいね」と、温かいコメントを下さった須藤夫妻。今回、お二人の道新ブログのコメント欄に、訪問したいという意思をお伝えしたところ、快くうけいれてくださり訪問が叶いました。

須藤家ご自宅
須藤家ご自宅

須藤ご夫妻が弟子屈町に移住されたのは2004年(平成16年)。
東京で大手AV機器メーカーのサラリーマン時代を過ごされたご主人。定年後のスローライフを思案していた折、通勤途上ふと見にした地下鉄の中の広告。美留和の地を開発した地元業者の広告で、弟子屈町で田舎暮らしをしませんかという内容。

なんとなく心惹かれ、「弟子屈町」という名前が記憶に刻まれました。さらに不思議なご縁に導かれる出来事が・・・

奥様まきさんが「北海道への移住を考え中」と友人に言っていたところ、友人から「知り合いが、北海道で家を売却したいと言っている」というお話が。その場所が、なんと弟子屈町美留和。
すぐに美留和を訪問。驚いたことに、その土地・家屋は、ご主人が以前見た広告の地元業者が開発したものであることも判明。

そして、そこに存在したものは、お二人にとっての理想的な環境と建物でした。ご主人が北海道旅行で印象に残っていた道東の景色、奥様が若いころ旅して感動したヨーロッパの風景が広がっていたのです。
その後、シーズン毎に弟子屈町を訪問。冬の北海道も経験し、心を決めて契約。
偶然が重なり必然となりました。

それから12年の年月が過ぎ、現在お二人は美留和でのスローライフを満喫されていらっしゃいます。

また、直武さんは、弟子屈町から移住アドバイザーを委嘱され、定期的に東京へ出張されたり、町を訪問される移住希望者の相談に乗られたり、ご活躍中!

まきさんは、地元の様々な活動に参加され、充実した日々を過ごされていらっしゃいます。地元のお仲間と「チーズづくり」をしたり、ご夫妻で「てしかが国際交流会(TIA)」の役員として積極的に活動されています。

須藤さんのお宅へは、ナビを頼りに訪れたのですが、ナビでは探し当てるのは困難!迷ってお電話をしたところ、近くまで迎えに来てくださいました。ありがとうございました。

須藤家のご自宅は、まさに森の中!!!
周辺は樹木に囲まれ、池が存在する見渡す限りのお庭・・・
海外の別荘地のような異空間が広がっています。

池のあるお庭
池のあるお庭

まずは、広〜いお庭を直武さんが、ゆっくりと案内してくださいました。

お庭を案内してくださった須藤さん
お庭を案内してくださった須藤さん
井戸水
庭にある井戸
庭に咲く可憐な花々
庭に咲く可憐な花々
玄関へ続くアプローチ
玄関へ続くアプローチ

一回りして、ご自宅の中へ。。。

・広いリビング

リビングルーム
リビングルーム

・ダイニングテーブル

ダイニングテーブル
ダイニングテーブル

・キッチン

キッチン
キッチン

・ベッドルーム

ベッドルーム
ベッドルーム

・トレーニングマシンが置かれたパウダールーム(トイレ)

パウダールーム
パウダールーム

・温泉が湧き出るバスルーム

温泉付きバスルーム
温泉付きバスルーム

・観葉植物のサンルーム

サンルーム
サンルーム

・ゲストルーム

ゲストルーム
ゲストルーム

・ゲスト用パウダールーム(トイレ)

ゲスト用トイレ
ゲスト用トイレ

・薪ストーブ

暖炉
暖炉

香り高い珈琲とともに、美味しいお菓子、フルーツ、アイスクリームなどたくさん頂きながら、移住してからの様々なお話に楽しい時間が流れていきました。

素敵なひとときをありがとうございました。お二人のあたたかいおもてなしに心から感謝致します。

真心のこもったおもてなしに感謝!!!
真心のこもったおもてなしに感謝!!!
奥さま手作りのチーズ
奥さま手作りのチーズ

お二人にお逢いできて、とても嬉しかったです!
ありがとうございました ♡

素敵な笑顔の須藤直武&まきご夫妻に
心からの感謝をこめて。。。

素敵な須藤ご夫妻 ♡
素敵な須藤ご夫妻 ♡

写真(23枚)はこちら >>

関連ページ

道新ブログ『美留和の四季』(須藤まき&直武)

☆ noboru & ikuko

弟子屈町(てしかがちょう)

弟子屈町:地図【面積】 774.5 km²
【人口】 7,672 (2016年5月末)
【世帯】 3,956 (同上)
【気象】 弟子屈地区(最高気温:34.2℃/最低気温:-21.6℃)
【ホームページ】弟子屈町

笹川陽平 日本財団会長を表敬訪問(東京都)

2016年2月25日(木)

先日2月22日(月)、第15回地域特産物マイスターの集い(公益財団法人 日本特産農産物協会主催)が、三会堂ビル・石垣祈念ホール(東京都)にて開催されました。
今年は、全国で24名の方々がマイスターに認定され、北海道ではただ一人、わが町・北竜町・黒千石事業協同組合・高田幸男理事長が認定されました。

この認定式の開催場所は三会堂ビル(東京都港区赤坂)。三会堂ビルは、米国大使館、そして日本財団のお隣です。
「マイスターの集い」の取材で上京した私達は、午前中に日本財団の笹川陽平会長を表敬訪問させて頂きました。

笹川会長は大変お忙しく、分刻みのスケジュールの中にもかかわらず、快く私達を迎え入れてくださいました。
2010年、日本財団を退社後6年の年月が流れますが、「元気で、情報発信を頑張っているようだね」と温かいお言葉をかけて下さった笹川会長。ありがとうございます。

笹川陽平会長とともに
笹川陽平会長とともに(撮影:吉倉和宏さん)

そして、尾形武寿 理事長、前田晃 常務理事と、懐かしい昔話をさせていただきました。このような、有り難い面談をスケジューリングしてくださった、吉倉和宏 総務部長に心から感謝いたします。ありがとうございました。

心からの感謝をこめて。。。
心からの感謝をこめて。。。

帰り際、笹川会長が書籍『愛する祖国へ』(産経新聞出版・平成28年3月1日発行)プレゼントしてくださいました。

笹川陽平氏著書『愛する祖国へ』
笹川陽平氏著書『愛する祖国へ』

笹川陽平ブログ

✧ noboru & ikuko

北海道運輸局・磯崎道利 局次長を表敬訪問

2016年2月9日(火)

九州取材の帰り、札幌第二合同庁舎にある国土交通省 北海道運輸局を訪問しました。

北海道運輸局局次長 磯崎道利様 表敬訪問
北海道運輸局局次長 磯崎道利様 表敬訪問

昇さんの商船大学時代の同級生である、磯崎道利さん(北海道運輸局次長)を表敬訪問するためです。

磯崎道利様
磯崎道利様

磯崎道利さんは、大学時代柔道部、水泳も黒帽でスポーツ万能、更に成績もトップクラス。大学時代、黒帽の昇さんと一緒にホテルのプールの監視員などのバイトをした仲間だそうです。

卒業後は、運輸省航海訓練所に就職し、練習船の船長として、多くの航海士・機関士を育成。その後、本省勤務となり、海事関係に携わり、2014年北海道運輸局次長に就任。観光海事振興海上安全をはじめ、北海道の運輸全般に携わっていらっしゃいます。

「いやぁ〜、懐かしいなぁ〜」、
「北竜町のひまわりを観に行きたいと思っているんだけどね。なかなか行けなくてねぇ」

と気さくにお話してくださった磯崎次長。笑顔がとても優しい方です。
これからも、北海道の観光・運輸を宜しくお願いします!

北海道地図をバックに記念撮影
北海道地図をバックに記念撮影

北海道運輸局ホームページはこちら >>

✧ noboru & ikuko