オホーツクミュージアムえさし(枝幸町)でデスモスチルスと初対面

2017年5月31日(水)

BBQランチ後、訪れた所が、枝幸町の郷土資料館「オホーツクミュージアムえさし」(2016年5月リニューアルオープン)。

オホーツクミュージアムえさし
オホーツクミュージアムえさし

館内には、歴史系展示室、埋蔵文化財展示室、自然系展示室があります。

オホーツクの歴史・文化・枝幸の自然・100年の歴史における各種資料が展示され、中でも目梨遺跡からの出土品319点は、国の重要文化財の指定を受けた貴重品です。

シェチ骨格標本(自然系展示室)
シェチ骨格標本(自然系展示室)

今回、トータルフード・コーディネーターの高井瑞枝先生のご紹介で、高畠孝宗館長にお話を伺いました。

高畠孝宗館長
高畠孝宗館長

「デスモスチルスに関しては、進化の途中で絶滅した哺乳類なので、謎が多く、いまだにその暮らしぶりや姿がはっきり分かっていません」と、高畠館長。

「泳ぐデスモスチルス」 の復元⾻格が展⽰されていました。大きく展示されたパネルの絵画は、泳ぐデスモスチルスを想像して描かれたものだそうです。

泳ぐデスモスチルスの復元骨格
泳ぐデスモスチルスの復元骨格

そして謎の絶滅哺乳類「デスモスチルス」は、約1,300万年前に、⼈類が地球上に⽣まれるはるか以前に暮らしていた太古の⽣物。

この全身化石が、北海道歌登町(現枝幸町)で30年前に発見されました。今回の特別展は、世界でも極めて貴重な初めて全身復元された研究成果が一般公開されました。

哺乳類なのに、爬虫類のように足が胴体の斜め下のほうに突き出ていることがわかりました。世界中の研究者が注目しているとのことです。

天井には、2010年に稚内市の海岸に漂着した、7mを超える国内最大級の「シェチ骨格標本」が展示されています。

7mを超える国内最大級のシェチ骨格標本
7mを超える国内最大級のシェチ骨格標本

枝幸の様々な生物たち

 枝幸の様々な生物たち
枝幸の様々な生物たち

オホーツク海と古代文化

オホーツク海と古代文化
オホーツク海と古代文化

枝幸町の先史時代

枝幸の先史時代
枝幸の先史時代

目梨泊遺跡

目梨泊遺跡 
目梨泊遺跡 

竪穴式住居

竪穴式住居内
竪穴式住居

人々の暮らし

人々の暮らし
人々の暮らし

馬橇の復元

馬そりの復元
馬橇の復元

2階から見たシャチ骨格

2階から見たシャチ骨格
2階から見たシャチ骨格

銅像「オホーツク」作:笹山俊弘 氏

銅像「オホーツク」作:笹山俊弘
銅像「オホーツク」作:笹山俊弘 氏

オホーツクの太古からの自然と歴史が垣間見ることができ、時代を超えた枝幸の魂を感じることができたことに心より感謝いたします。ありがとうございました。

オホーツク太古の魂を感じながら。。。
オホーツク太古の魂を感じながら。。。

写真(48枚)はこちら >>

関連記事
枝幸町【No.005】北海道179市町村巡り・春(2017年5月23日)

☆ noboru & ikuko

オホーツクミュージアムえさし

地図:三笠山展望閣・カフェラウンジ北海道枝幸郡枝幸町宇遠内
Tel:0163-62-2044

【営業時間】 09:30~17:00
【定休日】 月曜・祝日・月末の火曜
【駐車場】 数十台分あり
【Facebookページ】枝幸町ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です