旧瀬戸邸(稚内市)で霧笛を鳴らす

2017年4月5日(水)

旧瀬戸邸は、底曳き漁船の親方・瀬戸常蔵氏の邸宅。1952年に建立された、65年前の建物で、国の登録有形文化財に登録されています。

旧瀬戸邸
旧瀬戸邸

各部屋、当時の様子が再現されています。

客間
客間

屏風、ひな壇、豪華絢爛な「打ち掛け」(寄贈品)。

屏風・ひな壇・打掛
屏風・ひな壇・打掛

金糸で刺繍された豪華な打掛け。

金糸刺繍が施された打掛け
金糸刺繍が施された打掛け

一部屋毎のデザイン・欄間・梁・建材に対するこだわりが凄い!!!

こだわり抜かれた建材の数々
こだわり抜かれた建材の数々

大相撲の板番付。

大相撲の板番付
大相撲の板番付

囲炉裏の上に吊るされた「自在かぎ」。瀬戸家の屋号「八 ○」が北前船の帆に装飾された、鉄製の見事な吊りかぎです。

自在かぎ
自在かぎ

台所の道具色々。

台所の道具色々
台所の道具色々

ちゃぶ台、そろばん、金庫、昭和の懐かしい風景・・・。

昭和の風景
昭和の風

見事な神棚。

見事な神棚
見事な神棚

宗谷岬 日本最北端の地の記念碑に以前、埋め込まれていた石。

以前建立されていた日本最北端の地の記念碑
以前建立されていた日本最北端の地の記念碑

最後に、昔使われていたという貴重な手動の「霧笛」を鳴らさせて頂きました。ボォーーーと深い音が響きます。

手動の汽笛
手動の汽笛
管内案内図
管内案内図

レンガの煙突が、歴史の重みを感じさせる建築物です。
丁寧なガイドをありがとうございました。

レンガの煙突がレトロな味わい
レンガの煙突がレトロな味わい

玄関を出ると、何故か、道路の真ん中に座って、
こちらをじっと見つめる狐さんが。。。

不思議なキツネさん?
不思議なキツネさん?

写真(79枚)はこちら >>

関連記事

音威子府村【No.002】軽車中泊で北海道巡り・春(2017年3月29日)

☆ noboru & ikuko

旧瀬戸邸

地図:旧瀬戸邸北海道稚内市中央4丁目8-27
Tel:0162-23-5151(施設直通。開館期間中のみ)
【休館日】4月8日~10月31日
・冬季特別開館
 2016年11月1日~2017年3月31日
【営業時間】10:00〜18:00
【入館料】無料
【駐車場】数台分あり

【参考ページ】旧瀬戸邸/稚内市

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です