音威子府村【No.002】軽車中泊で北海道巡り・春

2017年3月29日(水)

軽車中泊で北海道巡り【No.002】は、「道の駅おといねっぷ」(音威子府村)。

計画では、「道の駅わっかない」にて車中泊予定でしたが、時間に余裕ができたので、翌日の移動距離を少なくするため急遽変更。南下して「道の駅おといねっぷ」での車中泊となりました。

当日は、朝6時に北竜町を出発。留萌市から、日本海の海岸線のオロロンラインを北上し稚内市へ。

オロロンラインドライブ
オロロンラインドライブ

撮影で停車しながら約210kmをドライブ。11時半頃、日本最北端の道の駅「道の駅わっかない」に到着。ランチは、駅内の「食事処ふじ田」にて。

お食事処ふじ田(道の駅わっかない)
お食事処ふじ田(道の駅わっかない)

その後、稚内市旧瀬戸邸(旧瀬戸家住宅主屋)を見学。

旧瀬戸邸
旧瀬戸邸

そして、宗谷公園内の津軽藩兵詰合の記念碑拝見にいったのですが、記念碑は雪に埋もれていました。

津軽藩兵詰合の記念
津軽藩兵詰合の記念

さらに、最北端の宗谷岬へ。

宗谷岬
宗谷岬

そこから南下して、猿払村、中頓別町を通って、音威子府村「道の駅おといねっぷ」へ。宗谷岬から120km、約2時間のドライブです。

その日の温泉は同町内の「天塩川温泉」。

天塩川温泉
天塩川温泉

音威子府住民保養センターである天塩川温泉内のレストランにて夕食。天塩川温泉源泉水使用の「源泉蕎麦」をいただきました。
天塩川温泉から北へ9.4km、車中泊先である「道の駅おといねっぷ」へ。

夜の最低気温は、マイナス7℃程。足元が少し冷えるくらいで、それほどの寒さを感じることなく睡眠できました。

「道の駅おといねっぷ」にて車中泊
「道の駅おといねっぷ」にて車中泊(就寝中はエンジンストップ)

今回車中泊では、オロロンラインを通り、道北をぐるりとまわるドライブ。

次回からは、一つの町をじっくりと巡るという目的を定めて、まるごと1日かけて町の魅力探しをしてみたいと思います。

川面に輝く朝の光
川面に輝く朝の光
2日間のドライブ 約540km
2日間のドライブ 約540km

写真はこちら >>   ・オロロンライン(57枚)   ・道の駅わっかない(38枚)   ・キタキツネ@旧瀬戸邸(7枚)   ・旧瀬戸邸(79枚)   ・津軽藩兵詰合の記念碑(5枚)   ・宗谷岬(17枚)   ・天塩川温泉(11枚)   ・道の駅おといねっぷ(11枚)  

関連記事

旧瀬戸邸(稚内市)で霧笛を鳴らす(2017年4月5日)
雪に埋もれる津軽藩兵詰合の記念碑(稚内市)(2017年4月4日)
日本最北端の地・宗谷岬(稚内市)(2017年3月31日)
道の駅わっかない(稚内市)で「ポテラーナワッカナイ」を味わう(2017年3月30日)
オロロンラインドライブ(道北)(2017年3月28日)

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です